四十肩・五十肩の理由|ストレッチを行う前に知っておきたいこと。

今日は四十肩・五十肩のまとめについてお伝えしていきます。

そもそも、四十肩と五十肩についてご存知ですか?

実は立派な名前がついているんです。

『 肩関節周囲炎 

t02200254_0322037213070978116

ただ、四十歳の肩こり五十歳の肩こりという訳ではありません。

20代でもなりうるものです。

 

■ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー■

四十肩・五十肩って?

■ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー■

肩関節周囲炎といわゆる肩こりは別ものです

いわゆる肩こりは筋肉の疲労によって血液の流れが悪くなり、

張りやだるさを引き起こすとされています。

 

肩関節周囲炎は、肩周囲の炎症なので、筋肉や腱が痛んでしまっていたり

関節の動きをスムーズにするための滑液包が炎症を起こしてしまうことを指します。

筋肉の疲労なのか、炎症が起こっているのかという違いがあります。

 

■ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー■

四十肩・五十肩の症状って?

■ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー■

肩関節周囲炎になると

・肩から腕にかけての痛み

・肩の動きの制限

・肩周りに熱を持つ

などの症状が挙げられます。

 

初期症状としては、

動かす時に痛みが起こります。

 

症状が進行していくと、

動かさなくても痛みが出てきてしまいます。

t02200239_0234025413071105286

 

写真のようにただ腕を上げるだけでも、体を横に倒さなければ上がりません。

体は真っ直ぐ耳の横まで腕が上がるのが正常です。

 

悪化してしまうと

・服が着れなくなってしまう

・高い所に手が届かなくなってしまう

・寝返りがうてなくなってしまう

 

■ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー■

四十肩・五十肩はどうすればいいの?

■ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー■

まず、一つ言いたいことは痛みがある状態でしたら安静にしてください。

よく、痛みを我慢してまで動かそうとする方がいらっしゃいます。

動かさないと固くなってしまうということを知っているので素晴らしいと思います。

 

ただ、痛みはNGサインです。

t02200147_0424028313072699449

 

なぜ痛みが出るのか?

それは、動かさない方がいいという体からの信号です。

 

四十肩・五十肩になると下記の初期症状が見られます。

・寝ているだけでも痛みが出る

・動かさないのに痛みがでる

・痛みで目が覚める

 

この際は安静が一番です。

もしくは温熱療法(暖める)が効果的です。

t02200146_0800053213072142056

 

痛みがおさまってきたら少しずつ肩周りを動かしていきます。

この時も痛みが出ない範囲で動かします。

急がず、適切に動かすことが一番の改善法です!!

少しずつストレッチで可動域を広げていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です