マッサージに頼りすぎ!?|マッサージでは解決しない悩み

マッサージ屋さんに駆け込む人が増えている中、

『マッサージをしても2〜3日しか楽にならない』という声をたくさん聞きます。

中には凄く楽になるという声を聞くこともあります。

その違いはなんなのでしょうか?

マッサージに依存していても変わらない人は要チェックです!!

マッサージで効果の出る人ってどんな人?

簡単に言えば、単に疲労がたまり、筋肉が硬い人です。

揉みほぐせば筋肉がほぐれ、コリや辛さを改善することができます。

普段は辛さを感じないが、今日は体が重い》のような場合に効果的ではあります。

ちなみに原因に心当たりがあり、急に痛みが出ている場合でのマッサージは痛みを悪化させる要因となります。

(例えば、足をくじいた時・膝をぶつけた時・ぎっくり腰の時など)

12

マッサージだけで効果の出ない人は?

常に体にしんどさを感じている人はマッサージだけでは楽な体を作ることができません。

もちろんやってすぐには軽くなった実感はあります。

しかし長続きしなければ、何回受けても同じ繰り返しでしょう。

なぜなら、辛さの根本へのアプローチをしていないから。

辛さを常に感じているのであれば、姿勢・動き・ストレス・生活習慣などに原因があります。

その根本の原因にアプローチをしなければ効果の長続きはあまり期待できません。

E3839EE38383E382B5E383BCE382B8E7A681E6ADA2

 

マッサージで効果が続かない人はどうすればいいの?

肩こりや頭痛、腰痛などの症状が何度マッサージに行っても改善しない場合、根本的な改善が必要だと言いました。

それは姿勢の改善や自律神経といった精神面へのアプローチとなります。

そこで必要なのがストレッチ運動です。

なぜストレッチが効果的なのか?

ストレッチには自律神経を整えるという効果が期待できます。

自律神経とは人のやる気を高めたり、リラックス状態を作り出したりと精神状態をコントロールしている部分です。

この自律神経のコントロールが乱れてしまうと寝つきが悪くなってしまい、疲労が蓄積してしまいます。

なかなか眠れない人や、睡眠時間は確保しているのに疲れが取れない方は乱れている可能性が高いです。

精神的な面からも身体のケアが必要になります。

t02200329_0428064013152776196

なぜ運動が効果的なのか?

マッサージのように受け身が楽だから受けたいという方も多いのは事実ですが、運動は必要なことです。

体を動かしてもらう受け身の状態と、自分の体を自分で動かすという能動的な状態とでは

メカニズムが違います。

簡単に言えば、動かしてもらうとよく動くのに、自分で動かしても上手く動かないといったことも起こるということです。

極論となってしまいましたが、自分で自分の体を動かすことも非常に大事ということです。

Muscular female calves

本日のまとめ

Entypo_f306(0)_256マッサージだけで効果が出ない場合は運動とストレッチが効果的。

Entypo_f306(0)_256ストレッチを行うことで精神的なケアをすることができる。

Entypo_f306(0)_256運動は自分の体を上手に使うための唯一の手段。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です