姿勢は呼吸の質を決める|呼吸に関わる筋肉は姿勢改善で機能を高められる。

呼吸に使われる筋肉である横隔膜とは。

前回は呼吸で姿勢を整えることについてお話しました。

前回の記事はコチラ『息を吐く時に使われる腹横筋』

今回は呼吸で息を吸う時に直接働く横隔膜について紹介します。

焼き肉で言えばハラミなので、意外と親しみのある筋肉です。

t02200162_0300022113142454863

この横隔膜が伸び縮みすることで呼吸が行われています。

『それと姿勢のどこが関係しているの?』

そう思われる方も多いのではないでしょうか?

この横隔膜が正しく働いてくれないと質の高い呼吸が行えない訳です。

 

質の高い呼吸とは?

呼吸にも質の高さがあります。質の高い呼吸とは

・大きく深呼吸するとスッキリする

・力が抜けてリラックスできる など

逆に質の悪い呼吸というのは

・呼吸が浅く回数が多い

・肩を上げ下げする など

 

呼吸は酸素を取り込み、疲労の回復や身体の機能を高めるという効果があります。

姿勢を正すことがその呼吸の質を高めることに直接関係しているのです。

02(6785)

呼吸と姿勢の関係とは。

呼吸を行う為には肋骨のポジションや背骨の形が大事になります。

肋骨に両手を当てて、姿勢を正して深呼吸を行ってみてください。

呼吸の際に肋骨が開いたり閉じたりしているのが分かると思います。

次に極端に背中を丸めて猫背になりながら深呼吸を行ってみてください。

肋骨が開かずに、あまり息を吸えずに、少し苦しくなりませんか?

これが呼吸と姿勢の関係を実感する方法です。

簡単に言えば胸が開かないと大きく呼吸が出来ないですよね?

t02200181_0220018113142497066

なんだか少し難しくなってきましたね・・・

要するに!!!

横隔膜が正しく働けば、姿勢はキレイになります。

逆を言えば、姿勢を整えることによって横隔膜の働きは正しくなります。

姿勢を正すことが横隔膜の働きを正しくし、呼吸の質を高めます。

 

横隔膜をトレーニングする方法とは。

そのために必要なのが前回お伝えした“腹式呼吸”

腹式呼吸が一番、横隔膜が働きやすい呼吸となります。やり方はコチラ。

『姿勢を整えるのは、毎日やっている○○を意識することだった!』

ぜひ実践してみてください 。

何度も出て来るエクササイズということは、それだけ大事だということです。

 

今日のまとめ

呼吸を吸う時には横隔膜という筋肉がメインに働く。

この筋肉が正しく働くことが肩こりや腰痛の改善には非常に効果的。

呼吸は1日に約2〜3万回も行われ、その呼吸の質を高めるかどうかは

身体の機能を高めるかどうかを決めると言ってもおかしくない。

リラックスして大きく深呼吸ができるように姿勢を整えていくのが好ましい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です