接骨院でも良くならない人必見!!接骨院よりストレッチが適している人。

接骨院に通う人でこんな意見を多く聞きます。

『安いから行くけど・・・あんまり良くならないよね。』

『1日2日保つけど、すぐに戻っちゃうね。』

 

私のジムのある市ヶ谷・半蔵門エリアには接骨院がたくさんあります。

多くの方が接骨院に通い、即効性を感じているようではありますが

ほとんど元に戻る経験をされているようです。

 

■ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー■

なぜ接骨院で効果が出るのか?

■ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー■

接骨院で行われているのは、ほとんどが温熱療法と呼ばれる暖める治療法です。

患部(痛めている部位)を暖めることによって血液の流れが良くなり、痛みが緩和するもの。

しかし、効果は一時的です

healthlab_facilities_machine01

 

一時的に患部が暖まり、痛みを感じなくなっている。楽になっているだけです。

時間が経てば、また痛みが出てくるのがこの温熱療法。

もちろんこれだけで改善する方も中にはいます。

 

■ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー■

なぜ接骨院だけではダメなのか?

■ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー■

先ほど言った、温熱療法は対処療法なので、一時的な痛みを和らげる効果となってしまいます。

すなわち、また痛くなる可能性が高いということです

もう一つ。痛みの原因に対してアプローチをしないということ。

例えば、肩が痛い・腰が痛い人に対して、超音波や電気で痛みをとっても、

そもそもの原因を改善しなければまた痛みが発生します。

接骨院には即効性が出る反面、持続性に欠けるというデメリットがあります。

 

■ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー■

ストレッチが選ばれている理由

■ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー■

最近はストレッチ専門店が一気に増えてきました。

それだけストレッチが身体に良いものとされています。

ストレッチには温熱療法のように血液の流れを改善させる効果だけではなく、運動の効果も含まれます。

関節の動きも行われるため、関節の中にある油の働きをする液体が分泌され、関節の動きが良くなります。

t02100315_0210031513050417939

また、可動域が改善するだけでなく、姿勢の改善にも効果的であることから

再発防止の効果も期待されています。

 

■ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー■

本日のまとめ

■ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー■

温熱療法は即効性があるが、対処療法となる。

接骨院よりもストレッチの方が効果の持続性が高く、再発予防になる。

ストレッチは姿勢改善にも効果があるため、根本療法に効果的。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です